2019.10 LTS リリース概要

2019.10 リリース

本リリースでは、すべての製品に対し機能改善を行うのはもちろん、新製品もリリースすることができました。

過去 6 か月間に実施したリリースの概要を公開するにあたって、最も重要な新製品だけでなく、UiPath のプラットフォームが提供する新機能と改善点の一覧を作成しました。

これらの新製品や新機能について、フィードバックをお待ちしております。

Studio と Robot 2019.10

ワークフロー アナライザーを使ったコードの品質管理

  • あらかじめ組み込まれた自動化のベストプラクティス、もしくはカスタムのルールに沿って、プロジェクト内のコードを分析できます。
  • パッケージをパブリッシュする前に、コマンド ライン サポートで検証できます。
  • UiPath.Activities.Api パッケージを使い作成したカスタムのルールを、Studio に直接適用することができます。
  • [変数の命名規則 (Variable Naming Convention)][引数の命名規則 (Arguments Naming Convention)] の正規表現式のルールを変更したため、UiPath インストール フォルダー内の Rules フォルダーから RuleConfig.json ファイルを削除することをお勧めします。新しいワークフローを開くことで、 RuleConfig.json ファイルは自動的に再生成されます。

新しい「デバッグ ファースト」アプローチ

次のデバッグ アクションをリボンに追加しました。

次のテスト アクションを追加し、デバッグ機能を向上しました

コマンド パレット

  • プロジェクト上で [コマンド パレット (Command Platte)] から [アクティビティを追加 (Add Activities)]、[アクティビティに移動 (Jump to Activities)]、[ファイルを開く (Go to a File)]、[ユニバーサル検索 (Universal Search)] を実行できます

  • [ユニバーサル検索 (Universal Search)] は、プロジェクト上のすべてのファイルを対象に検索を行い、スマートにグループ化された結果を表示します。

  • ワークフローのアクティビティの上部または下部にある「⊕」印から、アクティビティを手早く追加できます。

Git 連携の改良

  • SSH 接続のサポートを開始しました
  • ステータス バーからブランチの切り替えができます

アクティビティのプロジェクト設定

  • [プロジェクト設定 (Project Settings)] 画面の [アクティビティ設定 (Activities Settings] から、UIAutomation と System パッケージに含まれるアクティビティのプロパティの既定値をプロジェクトレベルで設定できます。

UI の改良

Orchestrator リソース パネル

実行時間の長いワークフローとオーケストレーション プロセス

バックグラウンド プロセスの並列実行

Orchestrator

これらすべての機能が Community Cloud Platform Orchestrator インスタンスで利用可能ではない点にご注意ください。Cloud Platform のテナントで無効化されている機能の一覧は、こちらをご覧ください。

アクティビティ

UI Automation

Connect Enterprise

  • Connect Enterprise では、オートメーションのライフサイクル全体をすばやく確認できます。

ローカリゼーション/言語サポート

  • 今回追加した言語は、簡体字中国語、韓国語、スペイン語、スペイン語 (ラテンアメリカ)、ポルトガル語 (ブラジル、ポルトガル)、およびトルコ語です。

本リリースの詳細

エンタープライズ向け 2019.10.1 のリリースノートはこちらをご覧ください

2019 年のリリース履歴は以下の通りです。

2019.10 パブリック プレビュー

  • 現時点では LTS レベルの品質にはなっていませんが、複数の新しい製品の開発に取り組んでいます。パブリック プレビュー プログラムを公開しましたので、フィードバックをお待ちしています。

StudioX プレビュー版

  • StudioX は一部のアプリケーションを容易に自動化できる新製品です。Excel スプレッドシートや Outlook メールと連携するプロセスをよりシンプルな方法で自動化できます。StudioX の狙いは、シチズン デベロッパーによる開発を推進し、Microsoft Office アプリケーションを利用するプロセスの作成と実行のための直感的なツールを提供することです。
  • StudioX は Studio 内で別のプロファイルとして提供されています。StudioX への切り替え方法については、こちらをご覧ください。

Explorer Expert プレビュー版

  • UiPath Explorer Expert はプロセス・ディスカバリー・ツールです。自動化対象となる候補業務についての詳細な情報を従業員から直接引き出すことができます。
  • 詳しい情報はこちらをご覧ください。

新機能に対するフィードバックをお待ちしております :smile:

5 Likes