SelectorがIE11を認識しない


#1

Uipath Studio Communityで動作検証させていただいています。私のPCでUiPathのSelectorがIE11を認識できなくなりました。認識できないとは、ブラウザ上の各elementが認識できなくなることです。例えば、UipathExplorerのSelect Target Elementでhttps://www.google.co.jp/画面の検索窓を選択しようとすると、画面全体が選択されてしまいます。一旦UiPathをアンインストール、再インストールすると認識できる様になりましたが、PCを再起動するとやはり同事象が発生します。試しにCrome拡張機能を設定したところCromeでは問題なく検索窓が選択できます。IEのバージョンは11.0.9600.17843 UipathのバージョンはUipath 2018 Studio 2018.1.3 Community Edition Microsoft Windows7 Professional 64-bit .Net 4.0.30319.42000 です。IE11のアンインストール、再インストールの実施、oleacc.dllのレジストリ登録などを実施しましたが解消されません。対応方法を教えて頂けませんでしょうか?


#2

@ugly Minumum System Requirements for installing uipath
.net framework should be 4.6


#3

UiPath StudioのHELPで表示される.NETのバージョンは誤っているようです。
私は.NET Framework 4.7.1(Version 4.7.02558)ですが下記を表示しています。
UiPath_version


#4

tangoさんのご指摘の通り私のPCのMicrosoft .Net Frameworkのバージョンは4.6.1ですがUipathのHELP表示が.Net 4.0.30319.42000 となっていました。


#5

当事象について原因が判明しました。動作検証していた環境にインストールされていたセキュリティソフト(WebRoot)を一旦アンインストールしたら正しく動作しましたので、こちらが原因だったと想定されます。しかし、セキュリティソフトをアンインストールしたままでは検証できませんので、フォルダやファイルの除外設定で回避しようと考えています。C:\Users\XXXXX\AppData\Local\UiPath 配下を除外設定してみましたがうまく動作しません。セキュリティソフトとの関連で同様事象を経験した方がいらっしゃれば回避策などご教授頂けませんでしょうか?


#6

当事象について詳細な原因と回避策が判明しました。WebRootのID保護機能でUiPath関連のプログラムがブロックされていました。WebRootのログから対象プログラムを特定し、保護アプリケーションとして追加することで正常に動作する様になりました。追加したアプリケーションはuiexplorer.exe、tcapture.dll、aahook.dll、uipat.dll です。以上 お騒がせ致しました。