Unattendedロボットにおけるブラウザ操作について

最近Unattendedロボットを導入したのですが、Edge等Webブラウザを操作する(クリックや入力等を含む)プロセスをUnattendedで実行するとエラー(「UIが見つかりません」という主旨のエラーが表示されます)になり、エラー発生時のスクリーンショットを撮影してみるとWindowsのサインイン画面が撮影されていました。このような事象を回避するためにはどのような方法をとるのが良いでしょうか?どなたかアドバイスを頂けますと幸いです。

@ShunAlt

Use Retry scope particular element was not found then it will retry

こんにちは

基本的にUR の場合サービスモードでロボットをインストールし、ログオフ状態から、オーケストレーターから実行指示を行う様にします。
現在の状況が上記と異なる場合は、まずは上記を試していただくと良いかと思います。

Yoichiさん
早速ありがとうございます。もう一度ロボットをサービスモードでインストールしたところうまくいきました。助けていただきありがとうございます。

1 Like