UiPath Attended RobotとUiPath Unattended Robotの違いについて

UiPath Attended RobotとUiPath Unattended Robotの違い
について教えていただきたいです。

Attended Robotは従業員の操作により動作するロボット。
Unattended Robotはサーバー内のバーチャルマシン上で動作し、
人による操作が不要なロボットと認識しています。

Unattended RobotがOrchestratorを使用して動くロボットという認識でよろしいでしょうか。
それともAttended RobotもOrchestratorに登録することでUnattended Robotと似たような運用ができるのでしょうか。

Attended RobotとUnattended Robotそれぞれで
できることできないことが知りたいです。

詳細に記載されている
資料等もありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

こんにちは。@tm9

UiPathの無人ロボットの説明に基づくと、次のようになります。
人手を介さずに自動化を行うという概念。少なくとも、シナリオや状況を考えれば、できるだけ人手を介さないでください。無人自動化の動作は、自動化ロボット自体によって自動的に起動され、自動化ソフトウェアが24時間365日動作することを可能にするバッチモードモデルで継続的に作業が完了します。
そして出席したロボット:
人間の介入が必要な場合は、会社の従業員または管理者との協力に、または少なくとも自動化ロボットが自分のタスクをどのように進めるかについての最前線では、より多くのことに依存します。有人自動化ソリューションは従業員のワークステーションに常駐し、従業員が特定のワークフロー内で行う特定のイベント、アクション、またはコマンドによってトリガーされます。在席自動化では、特定のトランザクションまたはコンテキストで複数のインターフェイスまたは画面間を移動する従業員を伴うことが多いため、従業員がプラットフォームに移行するためには、在席自動化ソリューションを迅速かつユーザーフレンドリーにする必要があります。状況。

完全な概念については、親切にこのリンクにアクセスしてください。

お役に立てれば。
ありがとうございます。

2 Likes

こんにちは

ライセンスを購入したリセラーさんに確認するのが良いとは思います(そのルートでしか入手できないドキュメントもありますので)が、一応以下のような感じかと思います。

Attended Robotは従業員の操作により動作するロボット。
Unattended Robotはサーバー内のバーチャルマシン上で動作し、
人による操作が不要なロボットと認識しています。

Attended Robot(以下AR)はそのとおりです。
Unattended Robot(以下UR)は、人による操作ではなくOrchestratorからの実行指示などにより起動するロボットです。動作環境はサーバー(OS)、VDI、物理PCかは問いません。

Unattended RobotがOrchestratorを使用して動くロボットという認識でよろしいでしょうか。
それともAttended RobotもOrchestratorに登録することでUnattended Robotと似たような運用ができるのでしょうか。

その認識で問題ないかと思います。ARに対してはOrchestratorから実行指示はできません。

厳密には以下のドキュメントを参照すると良いかもしれません。

1 Like

ざっくり言うと

■Attended Robot

できること
・Orchestratorとの接続
・作成したワークフローの配布
・実行ログをOrchestratorで収集

できないこと
・スケジュール実行
・Orchestratorからの実行
・バックグラウンドでの実行

です。

UnattendedはAttendedの上位互換になので、上記のことが全てできるという認識です。
公式ではないので詳細は代理店にご確認ください、UiPathはライセンス体系が複雑なので営業の方も全て把握しているとは限らないので深堀して聞くのが良いと思います。

3 Likes

UiPathのライセンスって、かなり複雑で、

  • 機能としてできる・できない
  • ライセンス上やって良い・悪い

それぞれ、区別して、考える必要があります。

機能では、 @YodaAkira さんが書かれている通りだと思います。
一方、やって良いかどうかだと、 @Yoichi さんが書かれているように、自動実行できるのがUnAttendendで、ユーザーが操作・監督するのがAttendedになります。

ですので、機能的にない部分を別のソフトで補うのは、ライセンスの観点でNGになります。(Attended Robotのライセンスで、タスクスケジューラーや、運用管理ソフトから起動する、みたいな使い方が該当するはずです)

1 Like