最小化された RDP ウィンドウでのタスクの実行が出来ない。

皆様お世話になっております。
現在RDPでRPAの実行を行っています。そこでRDP接続するPC(複数台)に対して下記URLを参考に設定を行いました。

URL:最小化された RDP ウィンドウでのタスクの実行

しかし、最小化で出来るPCと最小化でエラーが出てしまうPCが存在します。こちらのなぜ実行できるPCと出来ないPCが出てしまうのか原因など分かりますでしょうか?

何か心当たりのある点やアドバイスを頂けると助かります

こんにちは。
設定を施したのはリモートデスクトップ接続元のPCで合ってますでしょうか。
また、実行できなかった際のエラー内容を教えて欲しいです。

ご対応ありがとうございます。
リモートデスクトップの接続元PCで間違いはないです。
エラー内容としては下記のとおりユーザーインターフェイスが見つからないです。

【エラー内容】
このアクションのユーザー インターフェイス (UI) 要素が見つかりませんでした。
考えられる解決策
• 実行時に、アプリケーションが開いた状態で、
UI 要素が画面上で表示されているようにする
• UI アクティビティのターゲットを編集し、検証機能を使用して問題をデバッグする
• プロパティが変更されている可能性があるため、必要に応じて要素を再指定する
• アクションの実行前に [状態を確認] アクティビティを使用して
アプリケーションのステートを確認する
• [実行前の待機時間] の値を増やし、アプリケーションが
完全にレンダリングを完了し応答可能状態になるまで待機させる

最小化しなければ問題なくワークフローが実行できて、最小化すると実行できないのであれば、
RemoteDesktop_SuppressWhenMinimizedの設定がうまくかかってないのだと思います。
この設定はRDPが最小化したあともちゃんとUIの描画を続けるために必要な設定です。
設定がかかっているPC(うまくRPAが最小化しても動いているPC)と設定がかかっていないPCで最小化したあと復元したときの挙動の差を見てみてください。どういう挙動の差だったか忘れましたが、かなり違うのを覚えてます。(描画が止まって再開する挙動と、ずっと描画されている挙動の差)
基本的にはすべてのユーザーの方のレジストリーキーを設定した方が良いのと
設定したあと再起動すると確実に全ユーザーをサインアウトさせることができるのでおすすめです。

1 Like

ありがとうございます。早速再起動してみたいと思います。