読み取り推奨のEXCELを書き込みで開く方法

読み取り推奨のEXCELを開くと「読み取り専用で開きますか?」メッセージが表示されますが
このメッセージ無しで強制的に書き込みで開くことはできないでしょうか。
image

過去のトピックでYoichiさんが回答に添付して下さっているサンプルがベストでしょうか
新しく方法ができていればと思い質問させて頂きました

メッセージを「いいえ」で閉じた後、Excelアプリケーションスコープ内でセルに書き込みを行い
上書き更新すると「読み取り専用のため、上書きできません。」とランタイム実行エラーが表示されました。
メッセージを「いいえ」で閉じても、読み取りで開いているのと同じ状態のようです。
どうすればいいでしょうか
image

こんにちは。

新しい提案ではないのですが、Yoichiさんのシーケンスを色々試して成功した例を記載しておきます。

並列までは同じで、メッセージボックスをホバーに変更しました。

Excelファイルを代入
並列
スタートプロセスといいえをクリック
待機3秒
ホバーでスタートボタンを示す
Excelアプリケーションスコープ
セルに書き込み
ブックを保存
Excelアプリケーションスコープをでる
ワークブックを閉じる

並列部分も他に手がないか色々トライしましたが、今のところはそのままで。

2 Likes

pokeさん
ありがとうございます。

「スタートボタン」とは何でしょうか。
image ←Windowsのスタートでしょうか?

はい。
Windowsのスタートボタンです。
他でもいけるかもしれません。

ちなみに、上記フローを別のフローに組み込んだところ、失敗したケースもありました。
Excelアプリケーションスコープの部分でもう一つ別のExcelが開いてしまう、といった現象でした。待機を何秒にしようとも改善しませんでした。

これはUipathをバージョンアップしたフローでしたので、新たに作成したフローに再度組み込んだところ成功しました。

パッケージを最新にする、クリックをシミュレート、なども行いましたが駄目でした。参考にしていただければと思います。

1 Like

pokeさん
ありがとうございます。
確実に動作するか不明な為
一旦、読み取り推奨のチェックを外して保存してからEXCELを更新。その後また読み取り推奨のチェックを入れて保存することにしました。
但し、ファイルトリガーで保存完了の判断ができないので悩んでいます。