Excelが読み取り専用で開いてしまう

いつもお世話になっております。

Excelの操作に関してご質問があります。

ExcelApplicationScopeを使用してExcelファイルを開いた際に、読み取り専用で開いてしまって困っています。
(ExcelApplicationScopeのプロパティ:読み取り専用 のチェックは外してあります。)

操作対象のExcelファイルは、開こうとした際にポップアップにて「読み取り専用で開きますか?」と表示されて、「はい(Y)、いいえ(N)、キャンセル」ボタンのいずれかを押下するとファイルが表示されるのですが、ExcelApplicationScopeで操作対象のExcelファイルを開くと勝手に読み取り専用で開いてしまいます。
ExcelApplicationScopeの後に「いいえ(N)」ボタンを押下する処理を組み込んでいますが、それは無視されて(?)読み取り専用で開いてしまうようです。

操作対象のExcelファイルを開いた後、セルに値を書き込んで保存、という流れで処理したいのですが、現状だとExcelのファイル名が変更されてファイルが保存されます。(新規でExcelファイルが作られてしまう)

この状況を解決する手段をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

  1. excelファイル自体が読み取り専用になっていませんか?(excelファイルのプロパティで読み取り専用にチェックがついている)
  2. 手作業だと書き込みや保存は可能でしょうか?
  3. excelファイルはネットワーク上にありますか?ネットワーク上の場合ローカルにコピーして実行しても同様の結果でしょうか?

こんにちは

仕様なのかバグなのかはわかりませんが、Excel Application Scope(あるいはUse Excel Fileでも)現状そのような動作になる模様です。

ワークアラウンドとしては例えば、
・System-File-Workbook以下のWrite Range/WriteCellを利用する。
・Start Processなどを用いて、書き込み可能な状態で開く→必要に応じて本設定の解除後
Excel Application Scopeで開く
等があるのではないかと思います。

Yoichi様

お忙しいところご教授ありがとうございます。
仕様(あるいはバグ)ということで、読み取り専用で開いてしまうのは仕方がないということで了解いたしました。