ワークフローの呼び出し元の検索

1プロジェクトあたりワークフロー(xaml)10個~くらいの、ロボットの保守をしています。

エラー発生したワークフロー(xaml)は容易に特定でき修正できるものの、そのワークフローの呼出し元を探す際に苦労しています。

環境はstudio19.04や19.10ですが、新しいバージョンも含めて、すぐにワークフローの呼び出し元を見つけられる機能や方法は何か無いのでしょうか。

Studioの検索機能(Ctrl + F)では、ワークフロー呼出しのアクティビティ名のDisplayName の命名が不規則なため、検索に引っかからなかったり、大量に引っかかって特定できなかったりして、あまり使えないです。
(xaml のファイル名を直接検索しても、呼出し元は出てこないですし)

xaml を grepして、目的のワークフロー名や、invoke workflowのアクテイビティを見つけるのが、一番早いんでしょうか。

(設計書等は全く無い…)

アクティビティ名のDisplayNameは自由に変更できますので、
ユニークに命名するのが現状のベストだと思います。

ただ手動でユニークに命名するのは大変なんですよね…。
VBAでxamlファイルを読み込んでDisplayNameを自動で連番にしている現場がありました。
1000アクティビティくらいあっても、手動で連番にしてるとこもありました…。

加えて、try catchを工夫してエラー時にログ出力で発生箇所が特定しやすい仕組みが大切です。

@N2027

ユニークに命名

その通りですね。

やっぱりDisplayNameしかなさそうですね。
必ず、ユニークかつ、ワークフロー呼出しアクティビティに関してはどのワークフロー(xaml)を呼出しているのか特定可能な命名にするのが良いですね。

たしかに、DisplayNameを変えても動作には影響ないので(ログの集計分析等も特にしていない)、どうしようもなければ変えてしまうのが良い気がしてきました。

ありがとうございます。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.