クリックできているのに先に進まない

クリックアクティビティで、クリックできているのに先に進まない場合、対処方法ありますでしょうか。
ご教授よろしくお願いいたします。

「クリックをシミュレート」をTrue/Falseに設定を変えてやってみる。
「ウィンドウメッセージを送信」をTrue/Falseに設定を変えてやってみる。
UIAutomationのアクティビティのバージョンを変えてみる。。。

すべて試しましたが変わりませんでした…

他に試したこと
・実行前に待機
・タイムアウト時間を設定しエラーの場合でも処理を続行(設定どおりタイムアウトになりません)
・ウィンドウにアタッチ
いずれも状況は変わりませんでした

微妙にエレメント指定がずれているとか。。。

ずれていてクリックできないならわかるのですが、クリックできているのに進まない理由がわかりません…。

ですよねぇ。クリックできていると言うのは、どのように確認しました?後続アクティビティが動いているって事ですよねぇ。。。

UIAutomationのアクティビティのバージョンはいくつから、いくつに上げてみました?

私の知っている知見ですと、クリックでできるけど、画面遷移が遅いってのがあって(Studioのバージョンですが2018.4.4でした)、UIAutomationのバージョンを一個一個上げていって試験をして、画面遷移が速くなった事がありました。CLICKアクティビティ内部で処理が遅くなっていたバグだったかもしれませんね。

デバッグでひとつずつ実行した際、画面上ではクリックできて次の画面になっているのですが、UiPathStudioではその処理が実行中(ステップイン等がクリックできない)になっています。
UIAutomationのバージョンは20.4.2に上げました。(上げる前はわかりませんが大分古かったと思われます)Studioは2019.10.4です。

そうでしたか。

ターゲットってパラメタ群の下に「準備完了まで待機」と言うのがあって、そこに「COMPLETE」などを設定すると、確実に待ってくれるかもしれませんね。

image

それも試しましたが変わりませんでした…
色々と教えてくださっているのに申し訳ないです

こんにちは

原因の切り分けのために以下試していただけないでしょうか?(1-3を通して実行ください)

  1. クリックの手前に2-3秒の待機アクティビティを配置する
  2. クリックアクティビティはデフォルトモードにする(クリックをシミュレート、ウインドウメッセージを送信をチェックしない
  3. 実行してみる。このとき当該処理でマウスポインタがどこをクリックしに行っているかを確認する。(想定しているところに移動しているか、別の場所に移動しているか)

指示いただいた工程でやってみたら出来ました!
クリックをシュミレートが問題だったかもしれません…
ありがとうございます!

2 Likes

こんにちは

動作確認ありがとうございます。
上記は切り分けのための処置なので、恒久的な実装としてはあまりお勧めしません。

事前の状況確認も踏まえますと、おそらく今回、以下2つの要因があるのではないかと思われます。
1.ボタンが機能するまでに一定の時間がかかるため、クリックのタイミングが早すぎる可能性
2.シミュレートクリックがうまく機能していない可能性

1の方は単純な待機ですと、待機が短すぎて空振りするケースがあり、待機を長くとりすぎると
その分パフォーマンスが落ちます。そのためボタンがenableになる属性を監視するか、
あるいは、リトライスコープなどを用いて空振りした場合でも、再度クリックを行うような
実装が良いと思います。

2の方はそもそもアプリ的にシミュレートクリックが効かない場合もありますが、他の箇所で
動いているようでしたら、セレクターの取り方が良くない、and/or Activities Packageの
バージョンの問題が考えられます。そのためUiAutomation activities Packageを最新または
安定版にした上でUiExplorerを用いて適切なセレクターを探ってみることをお勧めします。
もしどうしてもデフォルトでしか動作しないようでしたら1でのリトライスコープを組み
合わせて動作を確実にするようなことも検討いただければと思います。

2 Likes

この代わりに、クリックアクティビティ中の実行前の待機時間に「30000」設定では動かないものですかねぇ。。。

回答ありがとうございます。
UIAutomationは最新のもので、やはりシュミレート効きませんでした。(他のところでは効いているのですが…)
1の方でリトライスコープ使って実装できました。(待機時間なし)
ありがとうございます!

1 Like

こんにちは

こちらでも実行を待機しますので同様の効果があります。(30秒は待ちすぎの感もありますが)
今回のケースは複合要因と思われますので、一方だけの対策では解消しなかったものと思います。

他の箇所で効いているのであれば、セレクターを見直すことによって
効かせることができるかもしれませんが...。お時間&ご興味ありましたら
UiExplorereで当該箇所の周辺を調査いただければと思います。

1 Like

おぉ!間違えた

単位はミリ秒なので、30000ではなく、3000ミリ秒=3秒でした

ちなみに、実行PCがVMの場合、シュミレートクリックじゃないとだめですか?

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.