活性・非活性ボタンがある一覧ページのクリックセレクタについて

現在、アカデミーの上級コース課題2に取り組んでいます。
ページ番号をクリックして次のページに進むというワークフローなのですが、
トランザクションが1回目だと1ページ目ボタンは非活性化しているため、
認識せず止まってしまいます。
セレクタを見ると、
非活性時(トランザクション1回目)は
活性時は<web=ctrl aaname=‘トランザクション番号’ tag=‘A’ />となっています。
課題の手引きにはtag='LI’に変更するように書かれているのですが、それにすると
検証でエラーとなってしまいます。(UIExploerでaanameが選択できず、直接編集でもダメ)

単純に、条件分岐で1回目はクリックを行わないようにしようかとも考えたのですが、
あまりスマートではなく、活性、非活性のボタンへの対応は今後も使うことが
ありえるので質問させていただきました。

該当ページ:https://acme-test.uipath.com/work-items (登録やデータのリセットが必要です)

自己解決しました。

活性・非活性で共通する似たような名前のclassとワイルドカードを合わせて使い、
さらに親classを加えたら動くようになりました。

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.