配列について

こんにちは。
配列に格納した値をウェブ上の3つまで入力できる検索ボックスに順番に入力するにはどうすればよいですか?

沢山やり方があると思いますが一例です。

for(繰り返し)で1つ目から順番に検索させて、3つ目になったらbreak(繰り返しのストップ)をするとかですかね?

お返事ありがとうございます。
ウェブレコーディング機能を使って指定したUI要素に当該配列の中身を入力させるにはどのようにすれば良いのでしょうか?

「Type Into」アクティビティで3つの検索ボックスそれぞれに、配列から要素を抜き出して入力していくイメージです。

例えば3つの要素が含まれた配列(仮にarrayという変数名とします)ですと、要素の1つ目はarray(0)、2つ目はarray(1)、3つ目はarray(2)と表現されます。
これらの表現を、3つそれぞれの「Type Into」アクティビティに設定すれば実現できるかと思います。

んーー、現状のコードの状況が分からないので、画像を上げると適切な回答が付きやすとおもいますよー!

お返事ありがとうございます。
配列の中身が10個ある場合はType Intoアクティビティも10個設定する必要があるということでしょうか?
いまいちアクティビティとレコーディング機能の使い分けが分かっておりません。。。

@TKboowy

まず、レコーディングは記録した操作をアクティビティが並んだシーケンスとして
作成してくれる便利な機能です。
ただし、レコーディングだけでは、実現したいことが出来ないことが多いので、
ここからカスタマイズ等が必要なので、アクティビティをドラック&ドロップで持ってきたり、色々足しこんでいったり、設定値を変更したりします。
慣れた人は、レコーディングを使用せずに、最初からアクティビティをドラック&ドロップして、構築し始めたりします。

説明になってますでしょうか。

後、補足ですが、複数の入力する箇所のセレクターのインデックスに規則がある場合は、
ループ等でType Intoアクティビティのセレクターのインデックスを順次インクリメント
する等で、Type Intoアクティビティの箇所を1か所にすることは可能です。
(この補足で混乱しそうなら、忘れてください)

ありがとうございます。
アクティビティとレコーディングの使い方について理解できました。

検索ボックスをUIExplorerで見たところ、idが○○1~○○3まで規則的になっておりました。もう少し詳しくやり方をお聞きしてもよろしいでしょうか?

@TKboowy

こんにちわ!

セレクターを編集するのですが、プロパティの方の
セレクターのフィールドで下記の様に直接編集ください。

〇〇1⇒〇〇+index.ToString+
※例えばint32型のindex変数を定義(初期値を1)

そうすれば、セレクタを可変にできるので、3つあるなら、
3回ループしながら、indexをインクリメント。

Type Intoアクティビティを追加して画面上で指定後、セレクターを編集で以下のように編集しましたが、×検証になってしまいました。

Int32型で既定値が1のIndexという変数を定義しました。

この投稿を参考にして頂けますか?

大変参考になりました。
ありがとうございます。

すいません追加で質問させてください。
Type Intoアクティビティのテキストに配列を格納した変数(Mcode)を入力すると、「式”Mcode”の処理中にコンパイルエラーが発生しました。型’Stringの1次元配列’の値をStringに変換できません。」というエラーが発生しました。
どのように対処すればよいのでしょうか。ご教示ください。

変数Mcodeの型は何でしょう?

変数の型はString[ ]です。既定値は{“9999”,“9999”,~}のように数字が設定してあります。

@TKboowy

であれば、この部分は、
Mcode(index-1).ToString
ですかね。

ループに使用するアクティビティは繰り返し(コレクションの各要素)ですか?

繰り返し判定で使えるindexがあるので、
繰り返し(前判定)か繰り返し(後判定)
が簡単ですね。

ありがとうございました。
なんとか頑張ってみます。

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.