Community Editionライセンスの制限について

小規模なビジネスにおけるデータ整理などをUiPathを活用して行えたら考えているのですが、その場合無償のUiPath Community Edition(CE)を使用することは可能でしょうか?
ライセンス違反などになるのかという点について、有識者の方にお聞きしたいと考えております。
また、無償版ライセンス(CE)のライセンス規約がまとめられたドキュメントやサイトなどがあれば、ご教示いただきたいです。

無償のUiPath Community Edition(CE)は、小規模なビジネスでデータ整理などの自動化を行うために使用することが可能です。UiPathはCommunity Editionを提供することで、個人や小規模の組織がRPAの利点を活用できるようにしています。

UiPath Community Editionは、無償で提供されていますが、使用条件があります。以下は一般的な条件ですが、最新のライセンス規約を確認することをおすすめします。

  1. Community Editionは非営利目的で使用する必要があります。
  2. 1つのマシンに対して1つのライセンスしか使用できません。
  3. 小規模ビジネスでの使用には制限がありませんが、商用利用に関しては制限がある場合があります。ライセンス規約を確認して商用利用に関する制限を把握してください。

UiPathのライセンス規約や利用条件については、公式のUiPathウェブサイトで詳細を確認することができます。UiPathのウェブサイトの"Terms of Service"や"Community Edition License Agreement"などのセクションを探して、詳細な情報を入手してください。もし不明な点や具体的な状況についてのアドバイスが必要な場合は、UiPathのサポートチームに直接お問い合わせいただくこともできます。

1 Like

こんにちは

基本的には以下のUiPathのサイトで大元のドキュメントを確認されることをお勧めします。

小規模なビジネスにおけるデータ整理などをUiPathを活用して行えたら考えているのですが、その場合無償のUiPath Community Edition(CE)を使用することは可能でしょうか?

上記の自動化の目的などに依存するかと思いますが、6/13時点の最新のCommunity Aggrementでは非商用利用しか認められていませんので厳しいのでははないかと思います。上記Community Aggreementの3.1項あたりを参照してみてください。

1 Like

ご教示ありがとうございます。
まずは公式の情報を確認してみます。

1 Like

ご教示ありがとうございます。
提示頂いたドキュメントを確認してみます。

補足ですが
現在Free planというものもあり、商用利用可能ただし個人利用に限る、またStudioX/StudioWebのみ利用可能となっています。こちらで要件を満たすようであれば、検討いただくと良いかもしれません。

https://docs.uipath.com/ja/automation-cloud/automation-cloud/latest/admin-guide/about-licensing

1 Like