オーケストレーター接続時のロボットの挙動が変わることがある

orchestrator

#1

各位

何か、心当たりのある人がいれば教えてほしいのですが、現在、ローカルで使っていたロボット(A)を、オーケストレーターに接続して、リモート実行しようと試みたのですが、クリックやOpen browser処理で、エラーが発生し(time out?/ 例えば、クリックができない)、処理が正常に完了しません。

手動で実行していた時は、ほぼ失敗していなかったので、オーケストレーターに依存する問題かと思いますが、何か心当たりある人いませんでしょうか?

ご存知のことがあれば教えてください。
以上、よろしくお願いします。


#2

Orchestratorを使っているということは、UnAttended Robotとして動作させているのでしょうか?

問題の切り分けから、という感じになると思いますが、「Login to console」をONにしてやってみてください。
それで成功するようなら、ローカルPCのドライバやユーティリティーソフトが原因になっている(自動ログインに何か想定外の動作が絡んでいる)可能性があります。

あと、これはUnAttended Robotを運用するときの一般論になりますが、想定しないエラー(例外)が発生したときは自動でスクリーンショットを撮り、保存するようにWorkflowを設定しておくと、意外とあっさり原因がわかることもあります。


#3

@Honoka

返信ありがとうございます & 回答遅れてすみません。
本件自力で解決したので、レアケースだとは思いますが、原因を共有しておきます。

結論を言うと、ロボットのバージョンがOrchestratorのバージョンを追い越していたことが原因の様です。
バージョンを戻したら解消しました。お騒がせしました。

それっぽいバグがリリースノートにあったので、それが原因と考えられ、基本的には起きないケースの用です。