「要素の存在を確認」アクティビティが誤判定します

「要素の存在を確認」アクティビティが、対象の要素が存在していないのにTrue判定を出します。
「ない」ものを「ある」と判断してしまう理由は何でしょうか?

なお「繰り返し」アクティビティの中に置いています。
1巡目は正しく「ない」と判断してくれるのに
2巡目になると「ない」のに「ある」と判断しています。

(1)検索をする
(2)ヒットがある ←ここで「要素の存在を確認」アクティビティを使っています。
(3)検索結果で条件分岐…

なので、要素が出現しない場合もあります。
要素がないのに「ある」と判断するので困っています。

なにかヒントなど教えていただけると助かります。
よろしくおねがいします。

こんにちは

例えば以下の記事が参考になるかと思います。

1 Like

ありがとうございます。

「要素を探す」アクティビティを使うことを考えてみます。

こんにちは

補足になりますが、
「要素が存在するか否か」と「存在した時に、可視か不可視か」の2つがあることを念頭に
いただければと思います。
対応方法としては、対象が可視となるタイミングで存在しうるであろうユニークな要素の
存在有無を確認する、要素を探すアクティビティの可視オプションを使う、可視/不可視属性に
ついて属性取得で状態を確認する、等があるかと思います。(対象システムや対象画面等によって
最適解は異なると思います。)

1 Like

ありがとうございます。

要素が存在しているのに、見つけることができてない場合に
「要素を探す」アクティビティを使って探してあげることはわかるのですが

要素が存在していないのに、存在していると誤判断をしているので
可視できる探せる要素がありません。

もう少し考えてみます。
ありがとうございました。

こんにちは

一番簡単な方法は、「要素を探す」の「表示されるまで待つ」オプションを試してみることです。

img20210830-1

いくつか制約事項もあるのですが、まずはこれを試すのが手っ取り早いと思います。
(不可視の場合に、存在するとならないので。タイムアウト値の調整は必要かもしれません)

1 Like

ありがとうございます!

不可視の場合に、存在するとならないので。

解決策が見えたかもしれません!
試してみます!

「画像の存在を確認」アクティビティを使うことで成功しました。
該当の要素は、画像ではないのですが…。

アドバイスありがとうございました。

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.