REFrameWorkのconfigファイル

REFrameWorkのConfig.xlsxに「Settings」「Constants」「Assets」がありますが
どのように使い分けられているでしょうか?
経験談をお聞かせいただければ幸いです。

SETTINGS : should be use to store a value and file path you will be using on the project , so there will be no hard coded values

Constant : should be to save all setting related to the project , such as : “timeout” , Max retry , etc

Assets : if youre doing some process such as doing invoice that need to use other application and CREDENTIALS (USERNAME/PASSWORD) i suggest you dont store that credentials here , its best to store credential that on Orhestrator

you can store you orchestrator name on Settings , then use it as a path to get the credentials on orchestrator

Regards Ahmad
hope this helps im using Google Translate

設定:プロジェクトで使用する値とファイルパスを保存するために使用する必要があるため、ハードコードされた値はありません

定数:「タイムアウト」、最大再試行など、プロジェクトに関連するすべての設定を保存する必要があります

資産:他のアプリケーションやクレデンシャル(ユーザー名/パスワード)を使用する必要がある請求書の作成などのプロセスを実行している場合は、ここにそのクレデンシャルを保存しないことをお勧めします。Orhestratorにそのクレデンシャルを保存するのが最善です。

オーケストレーター名を[設定]に保存し、それをパスとして使用してオーケストレーターの資格情報を取得できます

よろしくアフマド
これがGoogle翻訳の使用に役立つことを願っています

1 Like