Excelからdatatableを出力するときのへっだー

このようなエクセル上の表から、
日付の数だけdatatableを作成し、dictionaryで日付をkeyとしてdatatableを持ってきたいと考えています。

datatableのヘッダーは、ABCDの部分にしたいのですが、
単純に範囲を読み込み(ReadRange)アクティビティでdatatableとして持ってくるだけでは、
ABCDではなく12345がヘッダーになります。
この場合、どのような操作を行えばABCDがヘッダーになるのでしょうか?

また、日付を記入しているセルは、結合セルとなっています。
日付をkeyとして設定するにあたって、日付のみのdatatableを作成しようと考えているのですが、
範囲を読み込み(ReadRange)アクティビティで読み込むと、
日付の入っていない空白の行が出来てしまいます…。
空白ができないように日付のみのdatatableするにはどうすればよいでしょうか?

datatableのヘッダーは、ABCDの部分にしたい
この件では、行と列を入れ替えるか、一つ一つセル位置を計算してセルの書き込みする。。。

空白ができないように日付のみのdatatableする件では、
【繰り返し(行単位)】で、Row.Item(0)が空白でなかったら【代入】を使って、DataTable領域を確保。同じLOOPの中で、Row.item(1)が空白でなかったら、そのDataTable領域に【データ列の追加】をしてあげれば。。。

行と列を入れ替えるのが肝になりますね(UiPath GO!の「痒い所に手が届くカスタムアクティビティ
」に、DataTable 型変数の、行と列を入れ替えるアクティビティがあります)

1 Like

ありがとうございます!
範囲を読み込みのアクティビティ一つではできないんですね…。

「痒い所に手が届くカスタムアクティビティ」のファイルをダウンロードすることはできたのですが、
このファイルをどのようにすればアクティビティが使用できるようになりますか?

1)プロジェクトを開いて、「パッケージを管理」をクリックします
2)既定のパッケージソース中の「ローカル」で指定されているフォルダに、移動します。
~~\UiPath\Studio.Packages
3)すべてのパッケージの下にある「ローカル」をクリックすると、使えるアクティビティパックが参照できる。
4)「痒い所に手が届くカスタムアクティビティ」を選択して、右上の「インストール」をクリック。
5)画面下の「保存」をクリックすると、インストールが始まる

インストール完了すると、アクティビティに新しいアクティビティが追加されてますので、普通のアクティビティのようにお使いください。

1 Like

ありがとうございます。
アクティビティ追加することができました。

こちらを使用して、目的の操作をしたいと思います。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.