Community Licence2022.4.3 Assistantオフライン使用時のnupkg置き場所について

お世話になっております。
現在、Community Licence2022.4.3を利用しています。
これまでのバージョンでは、AssistantをOCに接続せずオフラインモードで使用する場合、「C:\ProgramData\UiPath\Packages」にnupkgファイルを配置すればAssistant側で認識し実行することができていました。
しかし、2022.4.3に自動アップデートした後、同様の方法でパッケージを実行しようとすると「UiPath Robotエラー:ローカルライセンスが必要です」とエラーダイアログが表示され実行できません。
OCからパッケージを配布するのではなく、Assistantをインストールしている端末にnupkgファイルを手動で置いて実行したいと思っています。
これを実現する方法はありますでしょうか?

こんにちは

CE22.4では、スタンドアローンのオプションが廃止されているので、基本的には難しいと思います。
以下のトピックも参照いただくと良いかもしれません。

Yoichi様

ご回答いただきありがとうございます。
提示いただいたトピックを確認いたしました。
もしスタンドアローンでの動作を実現するとしたら、古いバージョンのインストーラーでインストールしなおす方法しかなさそうですね。

オーケストレーターに接続し、StudioをインストールしたPCとは別PCのAssistantに配布する場合、CE22.4では最大何台の別PCに配布できるのでしょうか?

こんにちは

OrchestratorCEでは1テナントあたりAttended Named User x2, Developer Named User x2
ですので最大4ユーザーですね。
インタラクティブサインインを行えば端末は関係なくなりますので、この場合は
台数という概念ではなくユーザーになるかと思います。

Yoichi様

インタラクティブサインインについても理解いたしました。
お忙しい中ご回答いただきありがとうございました。

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.