「The UiElement is no longer valid : UI ノードが無効です。」への対処方法について

activities
studio
uipath

#1

IE11にて、UiPathのロボットを実装しています。

通常問題なく動作しているアクティビティが、表題のエラー
「The UiElement is no longer valid : UI ノードが無効です。」
によって、エラーが発生してしまうケースがあり困っています。

エラー発生時に、IE11に表示された内容を確認すると。
下記のセレクター情報は有効であることを確認しています。

以下の投稿より、IE11のインターネットオプションの設定にて、
「インターネット一時ファイル」の設定を「「Webサイトを表示するたびに確認する」
へ変更する参考し、動作確認を行いましたが、それでも発生してしまいます。

他に対処方法をご存知の方いらっしゃいましたら、ご教示をお願いできると幸いです。

■参考情報
UIElement is no longer valid

image%20(2)

■セレクターの情報
<html title='*_SalesLogReport ~ Salesforce - * Edition' />
<webctrl name='eirb' tag='INPUT' type='submit' aaname='カスタマイズ' />

下記の「クリック:カスタマイズ」が該当。
※直前の「要素を探す」では同セレクターを使用している


#2

迂回策としては、という話なのですが、
[クリック:カスタマイズ] のアクティビティを [リトライスコープ]のアクティビティの中で行う、
という方法があります。

リトライスコープを使うことで、リトライスコープの中に記載したアクティビティが例外を起こした際に
自動的に中のアクティビティを再実行してくれます。

再現性がなく、極稀にブラウザとの通信に失敗して当該エラーが出るという際に
ワークフローを倒してしまうことなく安定稼動させるのには有効です。


#3

助言ありがとうございました。

リトライスコープは、画面遷移を伴うクリックアクティビティに設定を行っておりました。
本エラーが発生した際にも、リトライスコープを当てることを検討したいと思います。

その後、ブラウザへのアタッチで指定したセレクターと、Doスコープ内にあるアクティビティのセレクターとが、異なっている部分があることが分かり。(実装者がコピー&ペーストした際のミス)

これが、偶発的に「The UiElement is no longer valid : UI ノードが無効です。」を
発生させてしまう原因であると見ています。(原因が確定したとは言い切れまないのですが。。)

ひとまず、後者のアタッチの相違が無いかを確認及び修正を行い、
エラー発生の際は、リトライスコープによる迂回策を当てる考えです。