UiPath コーディング規約とワークフロー品質評価キット を公開

UiPath株式会社は、保守性の高いワークフロー開発にご活用頂くために、
UiPathが推奨する規約と品質評価キットを公開します。
下記、弊社ホームページからダウンロードが可能です。

本資料に関して、皆様からの忌憚のないご意見を、こちらのスレッドを通してお寄せください。
よろしくお願いします。

皆様の UiPath RPA ライフのお役に立てることを願って。
UiPathコーディング規約とワークフロー品質評価キット 作成チーム一同
Happy Christmas!

9 Likes

単なるコーディング規約ではなく、何故そうすべきかのノウハウが盛り込まれているので、学ぶ観点でもお勧めですね!

5 Likes

公開ありがとうございます。勉強なりました。

2 Likes

早速ダウンロードして

シーケンスとフローチャートの使い分けの記載もあって、勉強になります!!!!!

1 Like

すごく役に立つドキュメントです。勉強になることが沢山載っています。
ありがとうございました。

1 Like

いろいろ勉強になりました。
誠にありがとうございます。

1 Like

公開ありがとうございます。
大変、勉強になります。

1点質問ですが、付属しているChecklist.xlsxの19、20、21行の項目のC列(パス指定)は
なぜ\WorkflowInspector\Checks\Custumフォルダを参照しているのでしょうか?

ちなみにWI付属のChecklistでは\WorkflowInspector\Checks\Standardを参照しており、
UiPath Go!からダウンロードしただけだとStandardフォルダにxamlが存在します。

取扱説明書を見て品質評価キット用にカスタマイズされた設定ファイルを適用して実行しようとすると恐らく皆さんエラーになるのではないかと思われます。。
(私のインストール方法等に誤りがあるかもしれませんが。。)

1 Like

フィードバックありがとうございます。
Workflow Inspectorのバージョンが 1.0.1 に更新された際に、VariableMinimumScope.xaml、VariableOverridesVariable.xaml及びVariableOverridesArgument.xamlは、\Standardに移動しました。お手数ではございますが、パスを\Standardに変更の後、ご使用ください。
品質評価キット内 Checklist.xlsx の修正は、他で頂いているフィードバックと合わせて、後ほど対応いたします。

1 Like

@Atsushi_Shimbo

回答頂きありがとうございます。

そういう経緯だったのですね。ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。