ウィンドウにアタッチ(UiPath.Core.Activities.WindowScope)が効かない

ある作成したプロセス(A)で、プロセス実行後に起動してあるウィンドウがアクティブになる(ウィンドウにアタッチが効く)のですが、同じウィンドウに対して、別のプロセス(B)でウィンドウにアタッチを行っても、ウィンドウがアクティブになりません。
セレクターはプロセス(A),(B)で同じ内容であり、ハイライトしても認識されているようです。このような現象として何が考えられるのでしょうか?

こんにちは

ある作成したプロセス(A)で、プロセス実行後に起動してあるウィンドウがアクティブになる(ウィンドウにアタッチが効く)のですが、同じウィンドウに対して、別のプロセス(B)でウィンドウにアタッチを行っても、ウィンドウがアクティブになりません。

Attach Window(ウインドウにアタッチ)はウインドウを(必ずしも)アクティブにするものではなく、コンテナとしてセレクターのトップレベル要素を指定するものかと思います。
もし必ずアクティブ化したいのであれば、当該コンテナの最初に明示的にActivateアクティビティを配置してはいかがでしょうか?(セレクターの指定なしの配置でよいかと思います。)

1 Like

Yoichi様
ご教授頂いた内容で意図した通りに動作致しました。ありがとうございます!

まだまだアクティビティの使い方を把握できておりませんので、これからもご助言頂けると幸いです。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.