システムのバージョンアップによりセレクタが変わった場合

activities
studio

#1

システムのバージョンアップによりselectorが変更になりました。

対応としては、uipathのwfを確認してselectorの内容を更新しようとしました。
本来は、必要なselectorは最低限にすべきところ正直動作すればよいとselectorに関してはあまり考えていませんでした。
wfも多々あり1ずつ確認してselectorを更新するのは時間がかかると思い、xamlファイルをテキストエディタで開き、変更すべきselectorの内容を検索しながら対応しました。

とりあえず1つのwfのselectorをテキストエディタで変更してうまく動作はしましたが、システムのバージョンアップ等に伴うselectorの更新はこのようなやり方でよいものでしょうか。

手探りで行ったためリスクもありと考えています。
ご意見いただければ幸甚です。


#2

同じような状況になった際がありましたが、全部のWFをなぞって対応しました。。
ですので、この方法で問題がないか気になります。

また、この対応を回避するために、Attach Browser、Attach Windowなどを利用して「部分selector」を上手いこと利用するのかなと理解しています。それであれば対象のコンテナ内selectorの特定部分の編集で済むのかなと。
(それまでは基本完全selectorで対応していました)


#3

ご意見ありがとうございます。
Attach Windowを最初に利用すれば、ぶら下がるUI要素は最小限になること認識しました。
当方でも同様に完全selectorで作成しているものが多々あります。

xamlファイルの直接更新は、正直偶然うまくできたのかもしれません。

例えばexcel2010と2016が共存する場合、selectorも何が最小限の要素なのか調べたいと思います。

ありがとうございます。