IBMパーソナルコミュニケーションズ日本語への対応

ターミナル(IBMパーソナルコミュニケーションズ)日本語対応について

UiPath.Terminal.Activitiesパッケージをインストールしてテストを行っています。 ターミナルはIBMエミュレーターのパーソナルコミュニケーションズです。 操作の記録までは100%問題ありませんが、いざ操作フローを保存しようとすると

[ERROR] [UiPath.Studio.exe] [1] System.ArgumentException: ‘’ (16 進数値 0x0E) は無効な文字です。

で保存ができません。
IBMの日本語表示用にシフトイン/シフトアウトがxamlファイルで受入られないようです。

ほぼバグに近いエラーかと思いますがこちらは修正の予定または対策などあるのでしょうか?
どなたかご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

こんにちは。いまさらですが、対策について。

私もフィールドの取得アクティビティを用いた記録を行って、同じエラーが出ました。

回避方法としては、一つは、「位置を指定してフィールドを取得」を使えば、回避できます。

せっかくだから、「フィールドを取得」を使いたい場合は、以下のようにすれば、回避できました。

フィールドを取得のアクティビティの場合、記録した時点で、たとえば、「前に表示するラベル」のところに、「“納期”」と表示されていても、「”」と「納」の間に、シフトアウト(0x0E)が、「期」と「”」の間に、シフトイン(0x0F)があります。カーソルキーでカーソルを動かすと、キーを押してもカーソルが動かないので、なにかあるのがわかります。これを、Delキーとかで削除します。この時点で、保存はできるようになりますが、フィールドが見つかりませんエラーとなって、値の取得ができません。
削除した0x0Eと0x0Fの代わりに、「chr(14)」と、「chr(15)」をつないで、「chr(14) & "納期” & chr(15)」とします。後ろのラベルも同じように修正します。これで、保存ができて、値の取得もできるようになりました。

chr(14)、chr(15)は、String型に入れられた時点で\u000e、\u000fになっているようですが、テキストを取得のアクティビティで画面全体のテキストをメッセージログで書き出してみると、シフトアウト、シフトインが、それぞれ、\u000e、\u000fに変換されているので、uipath内部ではつじつまが合っているようです。

参考になれば幸いです。

1 Like