ブラウザ操作でのクリックリトライ

リモートデスクトップ接続でEdgeでのクリックを行っていますが、制御が難しいです。

クリックすると、
1.正常⇒次画面へ遷移
2.元画面内にエラーメッセージが表示される
3.ポップアップが表示される
の3パターンがあり、「分岐を選択」アクティビティでどのパターンかを検知しています。

(上記は実際のフローではなく、簡単に作ってみただけのものです)

上記でもエラーになることがあり、
リトライスコープや並列でもう少しよい方法はありますでしょうか。

こんにちは

並列アクティビティの条件をTrueにすると、最初にいずれかのレーンの処理が完了したら
そこで終了しますので、3つのレーンでそれぞれ要素の存在チェックを行うと良いように思えます。

ありがとうございます。

よく理解ができず申し訳ございません。

「アクティビティの条件をTrueにすると」とはどのアクティビティのことでしょうか。
現在は「並列」ではなく、「分岐を選択」アクティビティを使用しています。

こんにちは

「アクティビティの条件をTrueにすると」とはどのアクティビティのことでしょうか。

並列アクティビティです。以下の赤矢印参照ください。動作としてはPickとほぼ同じになります。
どのレーンで検出したかをわかるようにして、Switchでそれぞれにケースの処理を記述する等が
考えられます。

ありがとうございます。
大変参考になりました。
試してみたいと思います。