アクティビティ「要素が出現したとき」の結果の出力について

この動作であれば、「要素の有無を判定」(Element Exists)アクティビティをお使いいただくのが良いかと思います。
こちらのアクティビティは、出力に指定したBoolean型の変数に下記のとおりに保存します。

  • 要素が存在する場合には True
  • 要素が存在しない場合には False
1 Like