ファイルを実行するまでの自動化

Uipathではファイルを実行するまでに、Uipathソフトを開く⇒ファイルを開く⇒ファイルを実行を押す、など十数秒は無駄になりますよね。
デスクトップ上にファイル①を実行などというショートカットアイコンを作れればいいと思うのですがそんなこと出来ませんよね。
何か省略する方法はありませんか?

publishして、uipath アシスタントで実行すれば、2アクション!

こんにちは

コマンドラインからも実行できますので、それ用のショートカットを作成すれば可能です。
可能であれば、プロセスとして導入(@HANACCHI さんが上述した方法)しておいて -pオプションで起動した方が良いかと思います。
-fオプションでxamlファイルを指定する方法も可能です。
詳しくは以下参照ください。

また、プロセスとして登録できている場合は、UiPath Assistantが実行されている状態であれば、
キーボードショートカットでの起動も可能です。

1 Like