形式が異なる複数の請求書の読み取りを自動化する場合について


#1

こんばんは。
形式が異なる複数の請求書を読み取る処理の自動化に
ついて、質問させていただきます。

前提として、
・形式/フォームが異なる、複数の種類の請求書が存在する
-例えば、ある請求書では、請求金額が下の方に書いてあるが、
別の請求書では上の方に書いてある
とします。

複数の種類の請求書から、顧客企業名と請求金額を
抽出する自動化を実装する場合、どのような手法が
ありますでしょうか。

なお、形式の異なる請求書の型を一つずつ登録する手法以外を
模索しております。

例えば、形式に依らず、請求書から企業名と金額を
高精度で抽出する、言語処理が優れたOCRソフトを活用
する、といった手法を想定しております。

それ以外に、UiPathで優れた実現の方法がありましたら、
ご教授いただければ幸いです。


#2

いくつかのサンプルを共有してもらえますか?同じサンプルで何ができるか考えるのに役立ちます。

ありがとう、
Pathrudu


#3

uipathocr.zip (2.6 MB)

お返事が大変お遅くなり申し訳ありません。
例えば、添付ファイルのような、2種類の形式が違う帳票から、
合計金額を取得するにはどのようにすれば良いでしょうか。

お返事をいただましたら、大変うれしく思います。


#4

@adachi.kyohei

形式が異なる複数の請求書を読み取るために、最近IntelligentOCRアクティビティがリリーズされました。
まずは、請求書の項目に対するルールを定義し、レイアウトを作ります。
そのあと、レイアウトをIntelligentOCRアクティビティにインポートし、ロボットが項目を取得するようになります。

なお、IntelligentOCRアクティビティはABBYY FlexiCaptureに基づいていますので、UiPathが発行するFlexiCapture SDKのライセンスが必要です。詳しくは貴社を担当しているUiPathのクライアントソリューションズチーム、またはhttps://www.uipath.com/contact-technical-and-activationsまでお問い合わせのほうお願いいたします。


#5

Mateus_Cruz 様

ありがとうございます。
IntelligentOCRアクティビティ というのがあるのですね。
請求書の種類毎に分岐をワークフロー上で加える、というのをしなくて良いのなら、とても助かります。

IntelligentOCRアクティビティはABBYY FlexiCaptureに基づいていますので、UiPathが発行するFlexiCapture SDKのライセンスが必要です

承知致しました。ありがとうございます。