作業前後でファイルの格納先フォルダを変更する場合

ファイルの作業済み判断をする為に、格納フォルダをファイルサーバー上の「作業前」と「作業後」に分け、作業済みファイルを「作業後」へ移動させます。
この際に、どちらの処理が最適でしょうか。
何らかの失敗でファイル消失を防ぐ為に①を考えています
①「作業前」から「作業後」へコピーしてから、「作業前」のファイルを削除
②「作業前」から「作業後」へ移動

また、①の場合コピー完了を待たずに削除処理が行われエラーになることはありますでしょうか
コピー完了の判断はどのようにすれば良いでしょうか

今までの開発で、①を採用していて、削除時エラーになる事はありませんでした。
削除時エラーが発生した場合でもそのまま処理継続して、最後に作業前フォルダに残ファイルがあったら処理異常としてアラートを挙げるって方法では如何でしょう?

2 Likes

試しに10GBのファイルを作ってコピーを試してみましたが、コピー終了前に次のアクティビティが先行して動作することはなさそうです(タイムスタンプ的に)

まあ、要件的に高信頼性が必要ならば①ですかね。

個人的には、遠隔地のファイルサーバとか、モバイル環境での操作等の特殊要件がなければ②で対応しています。そこそこWindowsを信用しているというか。

2 Likes

HANACCHIさん
ありがとうございます!HANACCHIさんも①なのですね。
コピー完了前に削除が走ることが無ければ単純にコピーと削除だけでいいかなと思ったのですが
UnAttendedで実行させるのでアラートはあげたくないので、残っていたら削除処理を再実行ですね。

1 Like

yukinoさん
ありがとうございます!
心配性ですかね。できればシンプルな方がいいので問題なければ②の方がいいかなと思います。
扱うファイル容量はおおよそ決まっていると思うのでヒアリングして
①②どちらを採用するかを判断したいと思います

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.