繰り返しアクティビティを使えるかどうか

今、いくつかのcsvファイルを1つにまとめて、.xisxに出力する作業をしております。自分なりに作ってみて問題なく動作はしておりますが、自分が作ったのは

【メッセージボックス】 作業開始のyes or no

処理ファイルの数の選択
【入力ダイアログ】 2から10までをプルダウンで選ぶ

【フロースイッチ】 2から10までをそれぞれ分岐先処理

繰り返しアクティビティは1つも使っていないフローチャートとなってます。
しかしながら、フロースイッチで分岐しても、処理するファイルの数が違うだけで処理過程は同じです。しかもこのままじゃ10までしか処理できないし、分岐先のフローチャートをそれぞれ作るのが大変だと思ったので、繰り返しアクティビティが使えないかなと思いました。
やはり数に応じてスイッチで分岐させるしか方法はないものなのでしょうか?

入力ダイアログで「2~10」を選択させるのではなく、数字を入力させるようにしてあげては如何でしょう?

Int32.Parse(入力された数字)で数値に変換できますし。。。

こんにちは

できそうな気がしますが、もう少し要件を明確にしていただいた方が良いように思えます。
複数のcsvファイルは同じフォーマットなのか?現在はどのように読み取っているのか?などなど
2から10を選択式にしている理由もよく読めとれませんので...

皆様返信ありがとうございます。
説明が不十分で申し訳ありません。少し質問の内容も変わりますが、ご了承ください。
csvは着信履歴のデータが入っており、csvの名前や中に入っているデータは日付等が異なるだけであり、あとは同じものです。
例 R020610抽出.csv
データ(例)
A列(日時) B列(通話時間) C列(電話番号)
2020/6/1 12:00 00:00:50 12345678
2020/6/1 12:05 00:01:23 87654321
2020/6/2 14:56 00:02:12 09876543

2〜10個から選ばせる、という部分ですが、1ヶ月で平均8回csvに出力するからというのが根拠です。
この数字を選ばせた後、例えば2つのcsvを読み込みxlsxへ書き込みたいといったときは、入力ダイアログで
0610と0611という日付を入力してもらいます。
その後は
【EXCELアプリケーションスコープ】
範囲を読み込む←0610のcsvを読み込む
【EXCELアプリケーションスコープ】
範囲を読み込む←0611のcsvを読み込む
【EXCELアプリケーションスコープ】
範囲を書き込む←xlsxとして書き出す
といった流れにしています。

ここで少し質問が変わりますが、csvの数を選ばせるのではなく、例えば指定したDドライブの中に保存させといて、そこにあるcsvの中身を、そこに保存されている分だけ順番に読み取って行くことは可能でしょうか。

理想は
①Dドライブ等に処理させたいcsvを置かせる
②Dドライブ等においてある数だけ順番に読み取り
③②で読み取ったcsvをxlsxにまとめる

これができるなら、いちいち日付を入力させなくて済みますし、10個までといった制限もなくせそうです。

長文になり、説明も下手で大変申し訳ありませんが、まだまだui path初心者な者であり、どうか知恵を貸して頂ければと思います。よろしくお願いします。

こんにちは

ご説明ありがとうございます。
実現するなら例えば以下のような感じでしょうか

シーケンス1.xaml (8.8 KB)

1 Like

ありがとうございます。
土曜になってしまいますが、試してみます

最近公開された「 かんたんファイル選択アクティビティ」に、複数選択できるファイル選択ダイアログを表示するアクテイビティがありますので。それを使うと複数選択可能なファイル選択ダイアログが表示され、複数のCSVファイルが選択可能となります。
選んだファイルは、文字列型の配列として返却されます。

これを使用すると、ドライブ、フォルダ固定にする必要性はぐっと減るかと思います。

ご参考まで。。。

ありがとうございます!

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.