シナリオパスワードをかけたい

こんにちは。

非エンジニアで、開発時にとても参考にさせていただいています。

シナリオを社内の共有スペースにおいているので、シナリオの編集のためにパスワードなどをかけて制限をしたいです。
もちろん、Ochestratorのアカウントごとの制限はしているのですが、シナリオパスワードをかけて、編集権限を持った人が間違えて編集されないようにしたいです。
「シナリオ編集パスワード」「シナリオ閲覧パスワード」「シナリオ実行パスワード」といった機能はありますでしょうか?

教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

無いです

1 Like

そうなんですか、、
間違って上書きされてしまってファイルが壊れてしまったので解決方法を探していましたが、そういう機能はないのですね。
バックアップファイルをとるようにします。

さっそくのご回答、 :bowing_woman:ありがとうございます。 :bowing_woman:

内容にもよりましょうご、xamlファイルをintokeするのではなく、ライブラリ機能を活用して、アクティビティのように提供することが可能です。

ソースコードを見せず、改変もされずなのですが、提供し、利用させる時の運用に考慮点があります

1 Like

非エンジニアとゆう事なので構築が難しいかもしれませんが、エンジニアの方に相談されて、バージョン管理の仕組みを導入されては如何でしょうか?
バージョン管理で管理されているシナリオを各自の端末にダウンロードし(間違って)修正されたとしても、コミット(バージョン管理の仕組みで管理されているマスタへの上書き)しなければ問題ないでしょうし、間違ってコミットしたとしても不具合があればコミット前のバージョンへの戻しも簡単です。
https://docs.uipath.com/studio/lang-ja/docs/about-version-control
GIT,SVN,TFS等が対応されています

2 Likes

HANACCHIさん
ありがとうございます。
ソースコードを見せないというのはいいですね。
もう少し詳しく知りたいです!

T_Kさん
ありがとうございます。
開発ワードの難しい言葉を説明してくださり感謝します :bowing_woman:

相談してみたところエンジニアはGITをよく使うそうですが、開発ファイルを上書きしないで、バージョン管理がいいね、ということでした。いただいたURLも見てみます。
ひとりで夜な夜な悩んでいたので助かりました。
ありがとうございます!!

普通にロボットを作成する場合はプロセスを選択して作成しますね?
それではなく、ライブラリを選択して作成します。

その中で共通部品的なロボットを作成して(引数を定義して)、ローカルフォルダにパブリッシュします。

新たにプロセスで作成したロボットで、「パッケージを管理」で、先のローカルフォルダにパブリッシュした.nupkgファイルを選択すると、アクティビティのひとつとして利用できるようになります。

★ライブラリはローカルで配付してきますし、オーケストレータへパブリッシュ、そこからも利用できるようになります(開発環境、実行環境、利用シーンに合わせてご検討ください。)。

1 Like

HANACCHIさん
いつもありがとうございます。
もう少し上達したら、利用シーンに応じた開発も検討してみます!

「パッケージを管理」ですが、まだ作っている途中で、パッケージとして完成していない状態の場合で、バージョン管理するほど出来上がっていないので上書きしたいのです。
今のところ、隠しファイルにするとかとりあえずbacklogに.xamlをアップしてバージョン管理”風”にしようかなと考えています。

1 Like

パッケージとして完成していないシーケンスのデバッグは難しいですね。
パブリッシュしていき、他のプロセスによみこませて、それでダメだったら振り出しに。。。

ってのが面倒なので、ライブラリの中で、その共通部品を呼び出すシーケンスで試験を行い、最終的に精度が上がったら、その共通部品を呼び出すシーケンスを削除、あるいは別のプロセスにコピーして、ライブラリとしての体裁を整えます。

是非がんばってやってみてください!

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.