" と ' 混在している場合 それぞれの役割について教えてください。

次のようなコードで正常に動いているのですが、" と ’ が混在しており、何をさせているのかが分かりません(特にコードの最後の方は何かが省略されているのでしょうか?)。
今後のメンテのことを考えて理解しておきたいと考えています。

"

こんにちは

コードが表示されておりませんが、このForumでは < がHTMLのタグ開始文字として認識されるため、以降が表示されていないためかと思います。
上方にある </>ボタンを使うとこれらを表示させることができますので、ご確認ください。

ありがとうございます。 </>ボタンを押して記入してみました。

indent preformatted text by 4 spaces

"

indent preformatted text by 4 spaces

</>マークの使い方が分からなく、やはりコードが表示されていないようですので、Blockquoteボタンで再度チャレンジしてみました。

indent preformatted text by 4 spaces

Blockquote

"

Blockquote

やはり上手く表示されていませんので、絵にしてみました。

こんにちは

ダブルクォーテーションが抜けているように思えますが...
もとは

"<webctrl tag='TEXTAREA' idx='" + テキストエリア数値.ToString + "'/>"

でしょうか?

基本的には " はUiPathの処理上、文字列として認識するためのもの(変数ではなく、文字列としてあ扱うために囲むもの)
' はセレクターの属性値を示すためのもの(例えば tag や idx属性の値を囲んでいるもの)
と考えていただければと思います。

こんにちは。
質問のケースは以下のような形だとおもいます。
”<webctrl tag=′TEXTAREA′ idx=′” + テキストエリア数値.ToString + ”′/>”

例えば、テキストエリア数値に3が入っているとすると、前の” ”で囲った文字列と、テキストエリア数値の「3」と、後の” ”で囲った文字列を結合し、以下のようなタグをつくってます。
<webctrl tag=′TEXTAREA′ idx=′3′/>

+記号を使って結合しているので、多分Object型の変数にセットする値を作ってる式と思います。 Object型の変数は、アクティビティ、アクションによって、自動的に最適と思われる変数の型に変換して使用されますが、変換の正確性は保証されていません。

例えば、2 つのObject定義変数を"+"で繋いだ時、式の最初の変数が文字列(String型)として認識した場合、2つの値を結合した文字列が入りますが、式の最初の変数が、数値(Integer型)として認識した場合の結果は2つの値の合計値になります。(つまり1つ目が数字で2つ目が文字列だとエラーになります) Object型に設定する変数は、.ToString や .ToInt などのメソッドを使用し、値の型を明示的に宣言する必要が有るので注意してください。

また、String型の変数に値を代入する場合、Object型のように設定する値を “+” を使用して接続して代入する事は出来ません。 .NET関数のコンカチ「String.Concat(“文字列1” , “文字列2” , “文字列3” , ・・・ )」を使用して結合する必要が有るので覚えておくと良いです。

ありがとうございます。
理解できないのは、シングルクオーテーションで囲まれている記述、とダブルクオーテーションで囲まれている記述がまたがっているように見えます。

お忙しい中、ありがとうございます。勉強になりました。

こんにちは

前のPOSTでも述べましたがダブルクォーテーションが抜けていませんでしょうか?
正確には以下ではないかと思います。

"<webctrl tag='TEXTAREA' idx='" + テキストエリア数値.ToString + "'/>"

これは3つのブロックに分けることができて、意味的には下記のような結合になります。
"<webctrl tag='TEXTAREA' idx='" + テキストエリア数値.ToString + "'/>"

仮に「テキストエリア数値」を1とすると、
実際の文字列はダブルクオーテーションで囲む必要があるので
テキストエリア数値.toStringは"1"になります。結果として、

"<webctrl tag='TEXTAREA' idx='" + "1" + "'/>"

となり、これを結合すると

"<webctrl tag='TEXTAREA' idx='1'/>"

のように、期待する文字列になるかと思います。

UiPath (VB.net)の文法上はダブルクォーテーションが適切に記述されていないとデザイナーパネルでエラーとなりますので、まずはこの観点での整理が必要です。
また最終的に文字列を結合した結果、セレクターの文法上シングルクォーテーションが適切な状態にあることが必要になります。(不適切ですと実行時にエラーになります)
そのためダブルクォーテーション、シングルクォーテーションがまたぐ、またがないは、文法の根拠としている所が異なるため、あまり重要ではなく、状況によってはそのようになり得ます。

ありがとうございました。
理解が進みました。