スロー、再スロー、メッセージをログの違い

「try catches」アクティビティを実装しようと試行錯誤していて混乱してしまいました。

「スロー」と「再スロー」の違いは何でしょうか?
共に ”処理を停止” ”出力パネルにログ出力” のように思え、違いが分かりませんでした。
「メッセージをログ」も ”出力パネルにログ出力” なので「スロー」「再スロー」アクティビティ
を実装していれば「メッセージをログ」は必要ないのかなぁと混乱してしまいました。

catchesの中でエラーログを出して処理を停止したいと考えています。
ご指導よろしくお願いいたします。

このページが分かりやすいですね。

Throw系と「メッセージをログ」とでは任務が違います。
「メッセージをログ」はユーザ寄りのメッセージを出力し、
Throw系ではシステム寄りの例外ログを出力します

HANACCHI様
ご指導ありがとうございます。
紹介いただいたページで勉強しました。
少し理解が進みました。
実装していきます。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.