シナリオ譲渡について

いつもお世話になっております。

私が作成したシナリオ使いたいという友人がいるので、近々シナリオのコピーを
渡す予定です。

ただ、今後シナリオの販売も視野に入れているので、今回は特別にその友人にシナリオのコピーを渡しますが、そのシナリオを他の人には渡されたくありません。

もちろん口頭では他の人に渡さないようにと伝えますが、所詮口約束になってしまいます。

現状では、①シナリオを誰にでも渡せてしまう、②受け取った側は使うことが出来てしまう。という状態です。

上記①、②を防ぐことはできるのでしょうか?
uipathの機能で何かありますでしょうか?

現在は UiPath Community Editionを使っています。

よろしくお願いします。

1 Like

ライブラリと言う機能ですと、普通のアクティビティのように使ってもらえますね。
しかも形式はnupkg!

機能ではなく、シナリオとなると、推察の通り、難しいかなぁ…

2 Likes

こんにちは

現状のUiPathの機能では技術的には難しいように思います。

このような類の話は、通常、形に残る形で契約行為を行い、その中で著作権周りの事項(第三者への配布禁止等を含む)や損害賠償条項を盛り込み、抑止力を働かせるということをまずは検討いただくのが良いのではと思います。

1 Like

もしユーザー=譲渡したい人の時、特定の処理をする
そうでない場合、何もしない(もしくはエラーをだす?)

という風にシナリオを作成しておいて、
そのシナリオをパッケージ化して渡すというのはどうでしょうか??

ユーザーを取得するというのは、これです
http://www.uipath-dojo.com/purpose/other_getusername.html

制約

  • 指定したユーザーでしか使えない(この制約が欲しかったのだと思います)
  • 事前にPCのユーザー名を教えてもらう必要がある
1 Like

こんにちは

nupkg形式のワークフローパッケージは単なるzip圧縮ですし、実行時に特定フォルダにxaml等のまま展開されますので、有権限者であれば誰でも閲覧・編集可能となります。どこまでケアするかの程度問題はあるかと思いますが、相応の技術力のある方への抑止効果としてはそれほど高くないのではと思います。(ライブラリ化の場合はもう少しハードルは上がりますが...いずれにしても暗号化されているわけではありませんので..。)

3 Likes

ありがとうございます!
この方法でやろうと思います!
ちなみに「パッケージ化して渡す」というのはどういう意味でしょうか?
プロセスを作成した時に出来るフォルダごと渡すという意味でしょうか?

1 Like

UiPathの新規作成の画面から「ライブラリ」を選び、シナリオをいつも通り作っていきます。

シナリオ作成完了したらパブリッシュをクリックし、パブリッシュします。

初期設定の場合、C:\Users<current_user>\Documents\UiPath に「.nupkg」という拡張子のファイルが出力されます。
(ファイルパス間違ってたらすみません…)

その「.nupkg」のファイルを使用する方に渡します。

使用する方は、任意のフォルダにそのファイルを起きます。
UiPathを開いて、パッケージマネージャーを開き、、、、(これ以降の手順は、https://mag.sweeep.ai/rpa/uipath_library/ のパッケージのインストールをご覧下さい!)

こちらのサイトを参考にされるとわかりやすいかと思います!


This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.