Terminate workflowのReasonについて

こんにちは。
Main.xamlから呼び出すErrorHandler.xamlでTerminate workflowを実行しています。(添付画像)
Terminate workflowの詳細エディターにReason記入欄がありますが、Terminate workflowになる例外発生理由は
直前のLog Messageアクティビティで表示する、引数i_exec_SystemException.messageに入っているため、
Terminate workflowになる例外発生理由をここで手書きで記入させるのはおかしいと思います。
どうして、Terminate workflowの詳細エディターにReason記入欄があるのでしょうか?また、ここで記入した内容は実行ログに残りますか?

@gorby

Ideally we would not terminate a workflow while running unless there is a real need…so to understand that need terminate workflow is given a field to describe that in the give field…

This message will be present in the execution logs and also if run from orchestrator it would make the job faulted and the reason would be given as the mesaage you give in the terminate workflow

You can pass the same exception message also as reason to terminate qorkflow that totally depends on your requirement

Hope this helps

Cheers

これはアクティビティの仕様です。
上記のケースでは不要かもしれませんが、アクティビティ単独で使用されることもありますので、
そのために用意されているものと考えられます。

また、ここで記入した内容は実行ログに残りますか?

Execution.logには、このままでは書き込まれないと思います。
Jobの成否の情報として、AssistantやOrchestratorには反映されるかと思います。

This is used to force kill a workflow, if you run in debug then it just popups up with a error exception window, however if you run from Orchestrator your job gets faulted with the custom error details.

Thanks…!!