Process.xamlでビジネス例外orアプリケーション例外が発生した場合の処理の流れ

こんにちは。
UiPath Studio Community Edition 23.8.1版を利用中の者です。
有識者の方、下記2.をご教示ください。

1.プロジェクトの構成

Excelを開いてDataTableに転記し、DataTableからDataRowを1行ずつ取り出して、Web転記するWFを作成中です。
Main.xamlで下記の構文でDataTableからDataRowを取得し、Process.xamlを外部ワークフロー呼び出しで呼び出して、(添付画像1参照)
Process.xaml内でDataRowから、文字列をWeb転記する処理の流れです。Rowの行数はint_TransactionNumberをカウントアップして数えます。

dr_TransactionItem = dt_TransactionData.Rows(int_TransactionNumber)

Process.xamlを外部ワークフロー呼び出すところは、Try Catchで囲んであり、Process.xamlでビジネス例外orアプリケーション例外が発生すれば、
CatchからErrorHandler.xamlを外部ワークフロー呼び出しで呼び出して、Logを出力します。(添付画像2参照)

Process.xamlでビジネス例外が発生した場合、Throwしますが、アプリケーション例外が発生した場合、明示的にThrowした箇所はありません。

2.知りたいこと

Process.xamlでビジネス例外orアプリケーション例外が発生した場合の処理の流れを知りたいです。
私見では下記を想定していますが、正しいでしょうか?

a.ビジネス例外発生時のフロー

Main.xamlのProcess.xamlを外部ワークフロー呼び出すTry CatchのCatchからErrorHandler.xamlを外部ワークフロー呼び出しで呼び出してLogを出力したあと、Main.xamlに処理が戻り、添付画像1の黒い矢印に処理が進む。

b.アプリケーション例外発生時のフロー

Process.xaml内でUiPathの標準手続きに従って処理が行われる。おそらく、エラーログを出力してプロジェクト異常終了。(CatchのErrorHandler.xamlには処理が進まない)