複数のリモートPCを同時制御する方法について

Attendedロボットで複数のリモートPCを同時制御する方法が知りたいです。

UiPathStudio&Robotにて、RDP接続したリモートPCに様々なソフトウェアをインストールするAttendedロボットを作成しています。
対象のリモートPCが100台弱あり、それぞれインストール作業に1時間以上かかるため、ロボットを同時に並行稼働させたいと考えているのですが、実現させる方法がよくわかりませんでした。
そもそもAttendedロボットでは実現不可で、OrchestoratorやUnattendedロボットが必要なのでしょうか?

どなたかご教示のほどよろしくお願いいたします。
私の力ではやり方はおろか仕様を明記した資料を探し当てることもできませんでした。。。

こんにちは

通常UiPathのRobotではプロセスは1つしか稼働できません。(最新バージョンの場合、バックグラウンドプロセス(UI操作等がないもの)は複数稼働できるのでこれが利用できる場合は例外になります。)URについても同時稼働は1ライセンスあたり1つになりますので、並行稼働自体があまり良いアイデアではないかもしれません。

対応案の一つとしては一つのプロセス内に例えばパラレルアクティビティを使用して、複数の動作を疑似並行的に処理することが考えられます。今回のケースはおそらく待ち時間がほとんどかと思いますので、技術的には可能ではないかと思います。(パラレル中のUI操作はあまり推奨されていませんが..)

1 Like

ロボット自体を複数起動するのはライセンス的にハードル高いです。オーケストレータとかがすでに稼働しているとかでない限り、あきらめたほうが無難かと。

その代わり、RDPをn個つないでn個並列でインストールするロボットを作るということはできると思います。
RDPをつなぐ、インストーラを起動して入力する、とか待ち時間の発生する箇所までをn回繰り返して、時間のかかる処理を並列で待つようなロボットにすれば可能かと。
ただし、並列処理の状態管理などをしないといけないので結構ハードル高いロボットになりそうです。テストとかも大変そう・・なんどかテスト稼働やってるうちに全部インストール終わってしまうような気もしますね。
毎月100台インストールしますとかなら便利なロボットになりそうですが。

2 Likes

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.