ImageFoundとOnImageAppearの違い

ブラウザ上で20-30px四方くらいの小さい画像を認識する処理を作っていたのですが、
元画像、セレクター、クリッピング領域を全く同じにしても
ImageFoundでは正しく拾うのにOnImageAppearでは誤検出してしまう場面に遭遇しました。

この2つのアクティビティは検出したあとの動作が違うだけで中身は同じだと認識していたのですが、
何か違いがあるのでしょうか?
はっきり拾えないと分かったのは今回が初めてなのですが、以前からOnImageAppearを使った時に
ちょいちょい精度や領域を調整していたので何かあるような気がしています。