共通処理と「Export to Excel」について(要望含む)

studio

#1

こんにちは

いくつかProjectを作るうちに似たような処理が増えたため、別xamlのInvoke関数化しました。

・「Export to Excel」についての質問
仲間内で処理を共有化するため、xamlファイルを「Export to Excel」出力しました。
処理がネスト表示されて分かりやすいのですが、Arguments情報が出力されません。
「Export to Excel」ではArguments情報は出力されない仕様なのでしょうか。

・Project外のxamlファイルのInvoke
今後に共通xamlファイルの変更を想定すると、コピーして利用するよりも、1つのファイルをInvokeしたいと思います。
Projectフォルダ外のxamlファイルをInvokeすることは可能でしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。


#2

@megu_f

今はArgumentsを利用しているファイル(Called.xaml)をExport to Excelにしたら、Argumentの情報が出力されていません。ただ、別のワークフロー(Caller.xaml)からそのCalled.xamlをInvokeすることがあれば、Caller.xamlをExport to Excelにすると、Argument情報が出力されます。
サンプルを添付しますので、ご参考ください:ExportToExcel.zip (7.5 KB)

はい、プロジェクトフォルダ外のファイルのパスを指定することができます。


#3

Mateus_Cruz様
ご回答ありがとうございます、すぐに確認できず失礼いたしました!

呼び出し元(Caller.xaml)にArgument情報が載っていることを確認できました。
共通(Called.xaml)と呼び出し元の両方を提示し、共有することにします。

「プロジェクトフォルダ外のファイルのパスを指定」できることも確認できました!

ただ、
共通.xamlはPublishせずにUiPathとは別構成のフォルダに配置した方が良さそうですね
Publish先のフォルダからInvokeすると、もし共通.xamlを改修したらPublish先のPATHが変更します。
その場合、共通.xamlを利用する全てのProjectで「新しいPATHを指定」し「再Publish」しなければなりません。
(C:\・・・\UiPath\Projects\(プロジェクト名:共通)(バージョン)\lib\net45\共通.xaml)

運用しやすい方法を考えてみます。


#4

(バージョン)部分を文字列結合したPATHを用いて、常に新しい「共通.xaml」をInvokeすることにしました。