「Exchange メール メッセージを送信」の送信保証

お世話になります。

「exchangeメールメッセージを送信」のアクティビティでメール送信を行った場合、正常終了したらメール送信に成功した、と考えて良いのでしょうか?
ご存知の方がおられましたらご教示下さい。

■背景
「outlookメールメッセージを送信」のアクティビティでメール送信を行うと、成功しても送信トレイにメールが残ったままの場合があります。
そのため送信後に「Outlookメールメッセージを取得」で送信トレイを確認し、メール滞留を確認しているのですが、滞留が多発するため、「exchangeメールメッセージを送信」への切替を検討中です。
切替後もOutlookと同様に送信トレイ確認をすべきかどうか、検討しております。

■使用バージョン
2020.10

1 Like

【Exchange メールメッセージを送信】の場合は、正常終了していれば「送信処理」自体は行われていると考えて差し支えありません。
上記アクティビティの場合、要はExchangeサーバーに対して直接送信の指示をしているので、Outlookのように送信トレイに滞留することはありません。
念のため記載しますが、「送信処理が成功していること」≠「受信者に到達していること」ですのでご注意ください。

1 Like

ありがとうございます!

1 Like

Outlook メール メッセージを取得 (Get Outlook Mail Messages)や、Outlook メール メッセージを送信 (Send Outlook Mail Message)って、ローカルのフォルダを参照・操作しているだけらしいです。

なので、outlookが起動していて、かつ送信受信のタイミングに当たらないとリアルタイム性が出ないのが難点ですよね。

Outlookが動けば、Exchangeサーバーだったりメールサーバーと通信して、やっとメールサーバーの送信キューに入るという感じだと思います。

そうなんですよね。なのでOutlookでメール送信する場合は、
・Outlookを起動
・Outlookメール送信
・送信トレイチェック(空になるのを待機)
というステップを踏んで実装しています。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.