未保存状態のExcelに対する処理

Tableau DeskTopにおいて、「ワークシート(w)」>「エクスポート(E)」>「Excelへのクロス集計©」と遷移して、任意のワークシートをExcelにエクスポートとする処理を実装しようとしています。

ここでTableauの仕様により問題が発生しており、対処法があればご教授いただけないでしょうか。

問題点:上述のTableauのエクスポート処理が「新規のExcelをTableauが開く(未保存状態)」⇒「Excelにクロス集計の内容を書き出す」という仕様であるため、Uipathがいつ書き出しが終わったのか判定できない。

やりたいこと:Tableauは新規Excelに書き出しをするだけで処理が終わるため、保存はしてくれない。そのため書き出し後に名前を付けて保存したい。

・エクスポート処理の時間はランダムであり、書き出し終了を判定する必要がある
・Tableauは書き出し終了知らせるダイアログ等を出してくれない(※ダイアログをだす設定があるのかもしれないがわからない)
・未保存状態のExcelであるため、ReadRange等のアクティビティは使えない
・書き出し前にExcelを保存をするとTableauのエクスポート処理がエラー終了する
・SendHotKeyでExcelの特定セルから一定時間おきに値をコピーして、クリップボードに値が設定されているかを判定するという方法を試したが、その場合もTableauのエクスポート処理がエラー終了する(Tableauの仕様でデフォルトのA1からセル選択を動かすと止まる様子)

このような状況で、エクスポート処理の終了を判定するよい方法はないでしょうか。

Excel上の判断ではなく、Tableau側で書き出し中や処理中のときに表示されているようなものはありませんか?
完了通知はなくとも、何かしら書き出し中にだけ出ているような表示があれば、「その要素がなくなったら」という条件ができるのではないかと思った次第です。

ご回答ありがとうございます。

Tableau側にはエクスポートの処理中であることを示すダイアログや、見た目上の変化は一切なく、
変化といえばエクスポート処理中は、Tableauが操作不可になる程度です。
操作不可であることを示すセレクタがないかもUIexplorerで探しましたが、セレクタ情報にも変化はないようです。
エクスポートが終了した際も通知は一切なく静かに終わるため、Excel側にしか変化がありません。

(追記)
常に固定の情報が記入されるセルがあるので、その部分の画像判定しかないかなと思っています。安定性に欠きそうなので苦肉の策ですが、、、