Configファイルの格納場所と扱いについて

ReFrameWorkで使用するconfigファイルの扱いについてです。

ユーザー(実行者)にconfigファイル内のフォルダパスなどを書き換えてもらうことになると思うのですが、ローカルにパブリッシュしロボットから実行する場合には、プロジェクトフォルダはかなり深い層にいってしまうためユーザーに操作してもらう場所ではないような気がします。

最初は開発者がconfigファイル上の情報は記述しておくとしても、環境が変わっても実行者がconfigファイルを書き換えることはできないのでしょうか?
デスクトップなどに置いてしまうとReFrameWork内を書き換えなければいけないのでconfigの場所はできれば変えたくないです。

皆様どのようにconfigを扱い、また説明を行っていますか?

以前から取り扱いをどうしようか色々考えてきました。
現在は、Config.xlsxとMain.xamlの引数でどうにかやっています。
・Config.xlsxには、主に開発するためと考え定数を定義しています。
・Main.xamlの引数は、UserがUiPath Assistantで実行時に変更出来ます。
したがってユーザへの説明は、例えば
部長の首が代わった時、UiPath Assistantでその人の従業員番号を入れてください。
なんてです。
UiPath Assistantがなかったときは、Batchを作って引数を指定して実行してもらっていました。

2 Likes

私はロボ内部フォルダに存在させています。
ユーザーにも、フォルダ位置を明示させて、動きを変える時はこのファイルのこの値を変えてくださいと指導しています(開発系サイトURLから本番系サイトURLへ書き換えるなど)

共通サーバなどへ格納し一元管理も考えましたが、サーバとの接続が切れたら、ロボが動かなくなってしまうという問題もあると思いましたので。

1 Like

ReFrameWorkを使っているとのことですが、もしOrchestratorを使用しているならアセットにConfigのパスを記載する方法も考えられます。

もしOrchestratorを使用していないのなら、設定ファイルを「デスクトップ」に配置して
「特殊フォルダーのパスを取得」アクティビティでパスを自動解決する方法もあります。

こちら、参考になるかわからないですが、どうぞ。

1 Like

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.