Config.xlsxの使い方について

最近REFrameworkを利用し始めた者です。
Config.xlsxの使い方についてご質問させてください。

・logF_BusinessProcessNameとは何か?
本パラメータに値をセットすることで、ログにフィールドが出来ることは理解しましたが、
何の為に付与するのかが分かりません。
使い方の例やメリットなどお教えいただけると助かります。

・TimeoutShortなどの使用方法
こちらは各アクティビティのTimeoutMS欄にて使用するのでしょうか。
その際の使用方法は、CInt(in_Config(“TimeoutShort”)) で合っておりますか。
他にスマートな方法がございましたらご教示ください。

よろしくお願いいたします。

@ak_mariam

Welcome back to our uipath community.

Yes you can set TimeOutMS field to

       CInt(in_Config(“TimeoutShort”).Tostring)

thanks @lakshman
Let me ask another question.
What is the purpose of using logF_BusinessProcessName?

私見ですが。
活用としては、ElasticSearch/Kibana を使って分析をする際のキー項目として使えますよ、というのがふわっとした回答になりますかねぇ・・・。

企業でロボット(あ、ワークフローね)が使われだすと、「このロボットは月にどれくらい動いているのか」「どのくらい活用されているのか」報告せい、という話がどこかのタイミングで浮上します。

そのときに慌ててログを集めてExcelに入れてフィルタリングしてグラフ造ってレポート書いて・・なんて始めると、余計な仕事ができてしまいますよね。本末転倒です。
で、ログ分析を行うロボットを作って自動化します、なんて答えもあるのですが(汗)、その仕事を楽にするための仕組みをあらかじめ仕込んでおきましょう、というものだと思います。

UiPathは実行ログを集めて可視化してくれる作業を楽にするために、UiPath Orchestrator と ElasticSearch/Kibana というツールの親和性を高めてくれているので、それを上手く使って仕事を楽にしましょう。
ログに業務名を入れておくことでその業務が何回実行されたのか、その業務に何秒かかっているのか、が簡単にわかりますよ、という事ができます。

ElasticSearch/Kibanaの説明は developer community 第6回あたりで説明があったのですが、ナレッジベースのリンクが切れてますな。。。UiPathさーん!

UiPathのナレッジベースに、Kibanaを使うテンプレートが掲示されていますのでこちらもご参考に。

4 Likes

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.