アセット及びキュー(トランザクション) assets & queue transaction

CommunityEditionでorchestratorの演習中です。
初心者的な質問で申し訳ないのですが、教えてください。
アセットのキュー(トランザクション機能)について質問です。
Academy内では、ディスパッチャとパフォーマーの2つファイルをダウンロードして説明が行われています。
これは説明を分かりやすくする為に、分割しているだけなのでしょうか?
極端に言えば、1つのxamlファイル内でフローチャート(シナリオ)作成することも可能なのでしょうか?

(前提)デモアプリにログインしている。
作業1:「経費一覧.xlsx」の各行の4項目をキューに格納する。
作業2:格納した内容をデモアプリに登録する。
作業3:最終行まで終わったら、デモアプリを閉じる。

の作業のうち、作業1をロボット1でやりつつ、格納済の行から作業2(と作業3)をロボット2でやる、という作業かと思います。
アセット(キュー)を使わない(=1台のロボットで作業する)場合、作業1を全行分格納してから、作業2(と作業3)をやる流れになるのだと思います。
それを、複数台のロボットを使用し、作業を分担(分離)することで、高速化を期待できる、という考え方でよいでしょうか?

また、今回の場合だと、academyよりダウンロードしたファイルのどれをパブリッシュして、ジョブとして使用すればよいのでしょうか?

English text
I’m a beginner so I don’t understand orchestrator.
I resist Community Edition version and I study orchestratror.
I have some question about queue for asset -transaction.
In Academy, they explain using 2 type files, dispatcher & performer.
Are they for making easier to understand?
I mean, can I make flowchart in 1 xaml-file?

In this case for academy…
Prerequisites…I already log in demo-application.
work1:I store 4 columns’ data of excel-file.
work2:I resist stored data to demo-application.
work3:When I finish resisting all data, I close demo-application.

I think robot1 do is only work1, and another robot-robot2- do is work2(&work3) one by one finished work1.
When I don’t use asset(queue), I think first robot do work1 for all lines and after finish work1, start to work2 and work3.
Then, we use plural robots, separate work, and we hope speeding-up.
Is this right or not?

And, which files -downloaded from academy- do I publish and use for JOB in orchestrator?

Plese help me…

こんにちは

アセットのキュー(トランザクション機能)について質問です。

まずアセットとキューは別物です。以降の内容から判断しますと今回はキューの話かと思います。

これは説明を分かりやすくする為に、分割しているだけなのでしょうか?
極端に言えば、1つのxamlファイル内でフローチャート(シナリオ)作成することも可能なのでしょうか?

技術的には可能かと思いますが、現実的にはそれを要するシーンはほとんど無いのではと思います。

複数台のロボットを使用し、作業を分担(分離)することで、高速化を期待できる、という考え方でよいでしょうか?

個々の作業は高速化されませんが、並列化により系全体のスループットが向上します。そういう意味での高速化ならYesです。

1 Like

Yoichi様、
回答ありがとうございます。

技術的には可能だろうが、複数のxamlファイルを使用するのが一般的、とのこと、承知いたしました。
全体の高速化、という意味でした。高速化期待できるとのこと、承知いたしました。

こちらは、UiPath Academyトレーニング Lv2:orchestrator レッスン5の内容です。
実際に、oerchestratorを使用しジョブとして動作させる場合には、どのファイルをパブリッシュして使用すればよいのでしょうか?

ロボットを2台登録し
(それぞれロボット1、ロボット2)
2台登録させたロボットグループ作成の後に、
ロボット1にはキューへ格納(ディスパッチャーzipのMain.xaml使用)をさせ、
ロボット2にはデモアプリに登録(パフォーマーzipのMain.xaml使用)をさせる、
という形になるのでしょうか?
動画では、一連の流れとしては描かれてないのですが…。

よろしくお願いいたします。

こんにちは

正確には「キューにデータを上げる作業」と「それを処理する作業」はそれぞれ特性が異なるので、異なる自動化プロジェクト(=プロセス)で行う、という言い方になると思います。

実際に、oerchestratorを使用しジョブとして動作させる場合には、どのファイルをパブリッシュして使用すればよいのでしょうか?

両方パブリッシュしてしまえばよいのでは?

ロボット1にはキューへ格納(ディスパッチャーzipのMain.xaml使用)をさせ、
ロボット2にはデモアプリに登録(パフォーマーzipのMain.xaml使用)をさせる、

それでも良いですし、ロボット1でディスパッチャーを実行した後にロボット1にパフォーマーを実行しても問題ありません、
データ量が多いならば、ロボット1でディスパッチャーでデータをupした後に、ロボット1、ロボット2の2台で並列実行しても良いです。

Yoichi様、
回答ありがとうございます。

こちらのやり方で対応してみます。

This topic was automatically closed 3 days after the last reply. New replies are no longer allowed.